« 私が『のだめ』にハマる理由 | トップページ | 大人の常識力? »

2006年11月 7日 (火)

STUDIO VOICE

naughtyスタッフひさのです。

久し振りに購入しました、『STUDIO VOICE』

サブタイトルが90年代カルチャー。
90年、私は19歳でした。若い!!
まだ、美容師になるなんて思ってもいなかった頃です。
全てが新鮮で、毎日が楽しかった。
学生だったので、何をするのも時間がたっぷり使えたんです。

音楽と映画一色の時期だったと思います。
あと、夜遊び。
大阪のグラブで遊んで、始発乗って帰る・・・
一日おきで、そんな生活してました(笑
親は、さぞかし心配してたことでしょう。

だから、この時代のカルチャーって私の中でとっても濃いのです。
今回のスタジオボイスの内容も、濃い。
そう、やっぱり今でもかっこいいのです。
どこをどう切り取っても、この時代にはこの時代の匂いがあったんですね。
私、音楽は70年代も80年代も好きです。
でも80年代後半から90年代に関しては、リアルタイムなんですよね。
だから、色んな事がフラッシュバックして、ワクワクします。

今回のスタジオボイス。
90年代カルチャーをリアルタイムな人は是非!
リアルタイムじゃない人にも、お薦めです☆

STUDIO VOICE (スタジオ・ボイス) 2006年 12月号 [雑誌]

Book STUDIO VOICE (スタジオ・ボイス) 2006年 12月号 [雑誌]

販売元:INFASパブリケーションズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 私が『のだめ』にハマる理由 | トップページ | 大人の常識力? »

スタッフひさの」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150146/4086988

この記事へのトラックバック一覧です: STUDIO VOICE:

« 私が『のだめ』にハマる理由 | トップページ | 大人の常識力? »